これから成人式のレンタル振袖をご検討の皆様へ

こそでやからの重要なお知らせ

皆様も報道機関などでご存知かと思いますが、成人振袖ビジネスを展開する同業他社が、
成人の日に廃業するという、信じられない事件が起こってしまいました。

人生で一度だけの記念日に、お嬢様を路頭に迷わせ、ご家族様を悲しませる、という事態は、同業として大変憤りを感じております。

まず、皆様にお伝えしたいことは該当の会社(既に存在しない会社のため以下 A社と呼びます)A社の経営方針や営業手法を拝見しましたが、当社とは全く真逆なものでした。もちろん「振袖レンタル」「記念撮影」と、扱っているビジネスは全く同じです。

しかしながら、当社では絶対に行わない
「電話勧誘」「訪問活動」「押し売り接客」「スタッフへの成約ノルマ」「無料!無料!や、特段の安さを売りにしている」

など、当社が一番苦手としているビジネスモデルを展開していました。
そして、A社は新規出店100店舗という出店計画を目標としていたそうです。

少なくとも当社は、地元世田谷区成城という土地を大切していて、多店舗展開は今後も予定がございません。
私たちの視界の範囲内で、お客様の衣装選びから成人の日終了まで、全ての時間を責任を持ってアテンドしたい、と考えております。

業界内でも目を見張るような、強引な営業手法で急成長を遂げたA社とは全く違い、
当社は一歩一歩、お客様との信頼関係を培いながら着実に成長してきた会社です。

A社は2011年創業と、数年の実績です。報道によりますと1年に1億円ずつ売り上げを伸ばしたそうです。
反対に当社は、今から約130年前に港区赤坂にあります一ツ木という土地で開業し、
その後、現在の世田谷区成城に移転してからも、80年近い歴史があり、小田急線開通前からこの土地で営業しております。

先代から受け継いだお客様との信用は目には見えませんが、大きな財産です。
お客様との信頼関係を裏切ることは絶対にございません。

どうか「安や」「話題性」だけで記念日のお店選びをすることなく、しっかりと熟慮くだされば幸いです。
上記のことをご理解頂き、来年、再来年の成人の日、またそれ以降も末永いお付き合いをさせて頂けたら、私たちも嬉しく思います。                                 

平成30年1月10日
株式会社こそでや 代表取締役 中村竜雄

スマホ向け表示